2013年04月26日 07時40分48秒 (金)

誕生日を忘れるお年頃

突然ですが4月21日は私の誕生日でした
私自身、すっかり忘れてましたけどね

「あれ?私誕生日だったんじゃない?」と気が付いたのは22日の朝でしたね
大体4月のこの時期とか新学期始まってごたごたしてそのまま誕生日の事とか大して気にもならず終わるんですよね

まだ20前半ですけど正直18歳過ぎてから誕生日とかいまわしくて仕方が無くて…
歳は取りたくないですよね色々と
肉体的にもどんどん衰えていきますし年齢重ねても特にやりたい事ややれることが増えたわけでもなく
お酒もたばこもやらないですしね私(そもそもそういうのやる人って大体は高校時代から普通にやってるけど)
30代になったらもっときつくなるんでしょうね…

そういえば大学に年上の女性の友人がいるんですが秋葉原にちょくちょく北海道から行っているという事を聞きその時にメイド喫茶めぐりとかするのが楽しみなんだと聞きました
全然そっち系の趣味あるようには見えない、むしろ雰囲気的にはオタ趣味とは対極にいるような感じなので意外過ぎてそのまま乙女ロードがうんたらと話し込んでしまいました
普通に社会人で仕事やりながら大学に通っているというのに成績は学年トップ級という人なんですけど本当見かけによらないですね人って
というかうちの大学隠れオタ多すぎじゃなかろうか…
07:40  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013年04月13日 01時01分03秒 (土)

周りがおかしくて自分が普通でもその場合自分が間違いだと思うよね

中学時代からの親友、ドップ氏とのとある日のやり取り

ドップ「ブログ更新したんだな。今、気が付いた」
私  「まぁね。なんというか日課が無いと生活が自堕落になってダメになr――」
ドップ「次の更新は2014年か……

次は2015年あたりか…と言わない当たりに彼の優しさが感じられますねコンチクショウ!

ちなみにこの会話は3月25日にしました
何、年1更新にはならず済んだんですし半月間ほどの放置なんて可愛いもんですよ



前置きはこの辺にしておいてつい十数分前に唐突に思いだした毒にも薬にもならない体験談でも一つ
たしか私が小学生2年生ぐらいのころだったのですが……

友人A 「先週のめ○ゃイケのスペシャル面白かったよな!」
友人B 「あぁ俺はそっちよりも別の番組見てたわー」
私   「○○(芸能人名)との掛け合い面白かったね」
友人達「「えっ?」」

なぜかここで友人達がみんな困惑の眼
なんだろう私は何か勘違いをしたんでしょうか?

友人A 「おいおいそれは無いだろう~」
友人B 「だよなぁ~」
私   「一体何の事を言っているの?」
友人達「「『さん』をつけろよ!」」

『デコ助野郎』まであればネタとして完璧だったと思う

私   「なんで…?」
友人A 「いや、友達とかじゃないんでしょ?」
私   「……芸能人なんだし目の前に当人居るとかじゃないし別に呼び捨てぐらい問題は無いと」
友人B 「目上の人を芸能人でも呼び捨てはダメだろ」
私   「あ…ああ……気をつけるよ (こっちがおかしいのかな……?)」

ちなみに3年生に上がるころには彼らはごくごく自然に芸能人を呼び捨てにするようになってました
小学2年生という多感な時期に一体2人に何があったのでしょうか……

うん!いや!きっと大人にはちゃんと礼儀正しくっていう心がけ的な意味でも友人が言ってることは正しいと思いますよ?
実際私も身近な大人はもちろん、父の会社の取引先の人たちなんかにも当時の自分が知る限りの最大限の礼を持って接してました
でも同時に「会ったことも会う機会もなければ喋ったこともないしやんごとなき身分の人ってわけでもない人の話をする際に敬称付ける気にならんな……」っていうある意味中二病的な感想しかいだけなくて
家族もみんな芸能人に関しては呼び捨てだったので著名人は基本呼び捨てって考え方が子供のころからあったせいでしょうけど
小学校中学年あたりになるとTVの話とかする際に芸能人に敬称付ける人間なんて皆無になったので密かに「2年生のころの自分の考えは変な事じゃなかった」って事で妙な安堵感があったりもしました

子供のころの芸能人などへの態度、みなさんはどんな感じだったでしょうか?


……うん、本当毒にも薬にもならない話だなこれ!
01:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |