2016年11月25日 18時32分04秒 (金)

艦これ 2016年秋イベント『発令!「艦隊作戦第三法」』 E-4甲攻略記事

タイトル通り、艦これ16年秋イベのE-4甲の攻略記事です。
なんか今回のイベント最大の難所と名高い場所なのですが結構安定してクリアできたのでせっかくなので記事でも書こうかと。

このMAPは前半の輸送ゲージと後半の戦力ゲージで2種類あります。
まずは前半の攻略からなのですがこちらに関してはそこまで難しくないと思います。
理由としてはここのMAPは駆逐2、潜水艦1で最短ルートで固定できます。
当然潜水艦が集中的に狙われることになりますが道中支援をしっかりつけてこちらの編成も大型艦を組み込めばさっくりいけます。

E-4甲前半


編制例としてはこちらですね。
正直大和はオーバースペックだった気がしなくもないですが事故も無しでストレートで抜けました。
道中支援は必要ですが決戦支援は私の場合は無くても安定してS勝利できました。
大和型無い人は扶桑改2とかでも十分代用できるとは思います。
何はともあれ航巡とかメインでやって道中撤退頻発した身としては重量編成でさっくり抜けるのをオススメします。


さて、ここから後半戦である戦力ゲージの話。
おそらく大半の人が詰まってるであろう場所です。
色々編制例があるようですが私は戦艦空母マシマシの重量編成で押し切りました。
その編制がこちら。

E-4甲 後半

画像は最後のゲージ割の時の編成ですが削り段階では敵ボスがだいぶ弱いので空母はもっと艦攻積んでも十分制空権取れます。
アイオワはこれで対空CIと昼連撃の両立が可能になっており防空に道中にとすごく役立ってくれました。
というかこんなに色々便利だったのねアイオワ……。
道中支援、決戦支援共に全力でやったので資源はそれなりに消費しましたが時間はかなり短縮できたと思います。
Gジェネジェネシスやりながらでしたが大体2時間ぐらいで終わったのでまあまあかと。
資源は大体燃料20000と弾薬15000程度。軽量編制とかだとかなり分の悪い勝負になる分こっちのほうが個人的にはいいんじゃないかなと思います。
18:32  |  艦これ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年11月13日 03時18分18秒 (日)

2016年遠見真矢生誕祭の感想とかレポート

ファフナー遠見真矢生誕祭のライブビューイング行って来たので感想なんか書いていこうかなと。
一騎生誕祭とかにもいってるんですけど結局書かなかったので流石に2度書かないのは1期放送時からのファフナーファン名乗っておいてどうなの?と思わなくも無かったので…
ちなみに出演者は石井真(真壁一騎役)、松本まりか(遠見真矢役)、新井里美(要咲良役)、白石稔(近藤剣司役)です。

さて、今回は初の「遠見真矢生誕祭」ということで一体どうなるのかなと思って見行ったわけですが今回の司会担当にしてイベント初司会でもある松本さんのノリのせいかいつも以上に自由な感じに。
と言ってもファフナーのイベントは基本割と自由でフワフワなのでイベント行ってるファンにはもう慣れたものでしょうけど。

開始冒頭5分間は真矢のキャラソンがかかりつつ松本さんがソロで挨拶やらトークするという流れだったんですが松本さんここでまさかの「5分も話すとか時間長くないですか?」と会場に聞いちゃいます。
まさかイベント開始して冒頭の5分間で既に間が出来てて話すことが尽きかけてるイベントとか初めて見たかもしれません。
そりゃ会場の人たちも皆笑う。私だって笑った。
「私が司会をする以上は時間通りテキパキこなしますよ!」と豪語する松本さんですが乗っけからこの自由な感じ。実にファフナーの生誕祭イベントです。
ちなみに生誕祭初参加である新井さんなんかはのっけからあまりのグダグダな雰囲気に「もう見てられないから飛び出しそうだった!」と色々精神的なダメージを負う。

開幕のトークと出演者紹介が終わったあとは即トークイベントに突入。
トークのお題は1人1回サイコロを振って出た目のお題を話すという感じだったんですが「ラップについての話」という完全に石井さん狙い撃ちのお題があったのには笑いました。
まあ残念ながらその目は誰も出さなかったわけですが機会あればそのうち聞きたいですね。

ちなみに今回もファフナーイベント恒例の石井ラップがしっかりありました。
松本さんの突然の流れを無視したフリで早々に披露することになりましたが相変わらず完成度が高い。
どんな内容だったのかを掻い摘んでいうと「一騎へ片思いずっとしてるのに一向に報われない真矢は不憫」という内容。
『エグゾダスで 総士と一緒に 島に帰ってきた真矢! おかえり遠見!ヒロトは? もっと真矢の心配してやれYO!』
『昔(1期)15話での頃 溝口さんと 遠い場所に迎えに来てくれた遠見 「本当にここにいるのか…?ありがとう 総士は……」 ここにいるのは真矢だYO!』
あと松本さんのモノマネとかやってましたけど相変わらず本当面白いですね石井さん。
というかラップが毎回本編しっかり見てると「ああ、あったあった」て思えるからちゃんと台本なり本編見ながら毎回考えて来てるんでしょうね。

あと前回はイベント途中にニューヨークから駆けつけてくれたという設定だった総士役の喜安浩平さんは今回は不在。
なので石井さんが喜安さんから渡されていた尻のポッケに入れられて微妙にくしゃくしゃな手紙を読み上げました。
これがまた傑作で面白い手紙でした。喜安さんがツイッターで一部を公開してくれているのでここに貼っておきます。


















松本さん「この人宣伝ばっかりしてる!ねぇ一騎くん!」
石井さん「僕はこの手紙を読んでるだけですから!」
松本さん「なんというか面白いからむかつきますねこれ……」
白石さん「文章力高すぎるよね」

本当にずるいぐらい面白いですよね虚無の申し子おじさん…
そして太陽と月をBGMにしながらケーキ持って出てくるだけで面白いんだからすごい。
ええ、やっぱり今回もしっかり控えていました喜安さん。ただ舞台が終わってそこから直行だったみたいですけど。
喜安さんが出てくると一気に会場が盛り上がるあたり流石です。

あとはケーキのチョコ板を松本さんが落として砕けたり、石井さんと喜安さんがケーキまみれになったりいつもの風景。


まあそんなこんなですごく楽しんできました。
最後にいくつか気になった話を箇条書きにでもして終わりにしようかと。


・エグゾダス前、スタッフやキャストと飲み会していると冲方さんが「俺、まりかちゃんの事分かった」「そうか…真矢はこうすればいいのか」とぶつくさ言いながら帰って行ったら2期で真矢がああなった
・真矢の活躍を振り返る「真矢年表」において1期で出てきた廃棄されていた島が蓬莱島と書かれていた。ただあれは2期の公式HPで別の国が作った島だと注釈があったし昔からその設定のはずなので単にスタッフの勘違いか?
・「真矢年表」の〆が「姉の死を知る」で終わっていてあんまりでは?とみんなから言われる
・松本さんは真矢がゴルゴと言われているの知っていた。そしてその愛称を地味に気に入っている。しかしゴルゴの意味は知らなかったので他のキャストからファフナーのイベントなのにゴルゴ13の詳しい解説を受ける
・喜安さん、スタッフとかとカラオケ言っても歌うのを拒否したらしい
・ファフナースタッフと焼肉行ったとき、白石さんはずっと肉を焼いていた。喜安さんは早々に酔っぱらった
・石井さんとのデュエットの話を言われてすごくいい加減な「terra」と「太陽と月」を歌うけど周りに「悪乗りで歌うのはもったいない!」と止められる喜安さん。さらに白石さんに適当に歌ってもダメージ受けてるでしょう!と言われる

以上、つたない文章ではありますがレポート終わりです。
03:18  |  蒼穹のファフナー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年10月10日 02時32分34秒 (月)

実習とか近況の裏話

前回の更新から早一カ月、最近何やってたかというとそれこそ実習行っては寝てを繰り返してただけなんですよね。
結構実習とかで医療現場の裏話聞いたりとかして面白かったりもするので一部だけ。

・いい加減な病院だと保管されてる医薬品は割とちょろめかされて勝手に持って行かれたりしてる。酷い時はストレス発散がてら麻薬が抜かれることも。
・薬局業務においては一般の商売みたいに粗利が期待できない。製薬会社や卸業者に仕入れ値の交渉がまずできない(らしい)

後者は大体予想付いてましたけどなんというか本当に普通の商売みたいに儲けだせないんだぁ薬局…って思いました。
今はまだいいですけど調剤報酬下げられたらこれ手取りどんどん下がるのでは。
前者は裏話として教授からも聞いたことありましたけど現場の人に聞いてこれってことはまあそんな珍しい話じゃないんだろうなぁっと。
医療現場って怖いね!

実習関係以外だとファフナーの一騎誕生祭のライブヴューイング行って来たり、艦これアケで建造ゲーしつつ不要なカード売ってるとなぜか儲けが出てたり、たまに札幌に来る父親とバトルフィールド4やってたり、恋人とデートしたりと普通の生活。
ライブヴューイングは記事書く気だったんですけどはたまたいつになるのか。
02:32  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年09月09日 02時21分55秒 (金)

薬局実習行ってたりします

今週から薬局での実習があってそっちに行ってます。
良い店舗に配属になって実習しやすい雰囲気で非常に助かってます。

まあそんな近況はどうでもいいとしてガルパンのタンクカーニバル2のライブヴューイングの記事とか書きたいのですがいかんせん時間が無い…。
abemaTVでガオガイガーとか見てたらあらよあらよと時間は過ぎる物でして気が付けばもう寝る時間という。
艦これアーケードの増台とか「君の名は」を彼女と見て来たとか色々話題はあるんですけどねぇ…。
こんなんだからアフィに収入も増えない。
02:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016年08月08日 00時08分01秒 (月)

北海道 公式ボダオフのレポート

本日、すすきのラウンドワンにおいてセガ主催によって行われた公式ボダオフに行ってきました。
ただ、各所のボダコミュニティなんかでは既に話題になっていますがトラブルに見舞われ結果的には散々なことに。
ツイッターで随時発言等はしてたのですがとりあえずせっかくだし記事にまとめてみようかなと。

ちなみに何有ったかだけかいつまんでいうとこうなります。




さて、多少繰り返しにもなりますが詳しい経緯を説明しますと今回の公式オフは
・ボーダーブレイクの筐体の整備面でのトラブル
・ネットワーク回線が上手くつながらない

という二つの要因から当日の午後2時30に急遽中止ということになりました。

私は友人の方々と朝10時にはラウンドワンに行って、そのあとイベント開始の時刻の12時まで適当に時間を潰してたんですが開始時間を過ぎても一切イベントが始まる気配が無く参加者の人たちで各々間を持たせるという感じになっていました。
スタッフの方から「30分ほど開始時刻を遅らせる」というアナウンスだけ受けてその場は解散になったのですがそのあともずるずると開始予定時刻が遅れに遅れて上にも書いたように14時30分に正式に中止告知となりました。

それにともない今回のオフでの目玉イベント(だと思う)のスカッドバトルの「GRADE A」「GRADE S」の開催中止と事後対応が同時に発表されました。

まず「GRADE A」に参加予定だったプレイヤー全員に優勝チームのみに景品として贈呈予定だった限定カラーを配布。
全国から予選優勝チームを集めて東京で決着を付ける「GRADE S」の参加者に関しては東京での最終トーナメント前日に北海道予選を東京の会場で行う予定だという事が発表されました。
ちなみに「GRADE S」に参加予定だったチーム全員をセガ側の負担で全員東京にご招待との事。(本来は予選優勝したチームのみ招待)

結果的には「GRADE S」にエントリーした方々は「北海道地区予選を東京で行う」という文字にするとなんともわけの分からない状態に。

ただ特別な景品をかけた抽選会やじゃんけん大会は予定通りやるとのことで希望者は待機しているよう指示が出されしばらく待つことに。

2016080723160862d.jpg


流石にこの流れじゃ白石稔さん、牛マン、百渓D、なつきさんなどは出ないかなと思ったんですが何の前触れもなく登場しました。
しかし4名とも表情がいかんせん暗い。具台的にどんな感じだったかというと…



2016080723220612c.jpg




完全に皆さん目が死んでた

牛マンこと青木さんの謝罪スピーチに始まりわざわざ遠方から来てたであろう人への謝罪と中止ということへの無念さを語り、申し訳ありませんでしたと深々と頭を下げる姿はまさしく謝罪会見のごとし。
私なんかは札幌在住なので精々40分前後で会場まで行ける距離ですが北海道は広いので人によっては特急バスや電車や車で前日から札幌に宿をとって来てるという人も当然いたのでまあその人たちの事考えればこうなっちゃいますよね…。
ツイッターを見る限り普通に道外からも参加者が居たようでその人たちにすれば笑えない事態だったんだろうなぁっと。

牛マンは「ぜひボダオフ北海道、リベンジはしたい」とのことだったので個人的には2回目の北海道ボダオフに期待したいところです。
ただあくまで意気込みって感じで牛マン本人が言っていたことですがこの手のイベントはそういうのを企画する部署がちゃんとあってゲーム開発をしてるチームにそういう権限も無いそうなので実際どうなるかは怪しい気もしますが…。

謝罪会見後、じゃんけん大会による景品争奪戦などは結構盛り上がって楽しく進行。
さらに白石さんによるゲームの最新情報のリークなどもありました。




ちなみに明日(8月8日)から白石さんいわく「株式会社エイジェンに新人が来る」そうです。
赤い機体が新エース機で新しい敵機動兵器等も追加とのこと。

その後も開発チームへの質問コーナーなどは取りやめになるもサイン会も盛り上がってなんだかんだで和やかムードで終了しました。
全体的に励ますような雰囲気もあったので変なトラブルが起きなかったのは不幸中の幸いだったかもしれませんね。
本当に不手際に頭に来てた人たちは牛マンたちの謝罪前後の段階で既に帰ってたりしてた気もしましたが…。

こんな感じで個人的には結構楽しかったりもしましたがグダグダのうちに終わってしまった北海道公式ボダオフ。
こういうイベントって地方じゃ全然ないので楽しみだったんですがまさかの中止となり残念ではありましたけど是非とも次は万全の態勢で2回目をやってほしいところ。
まあやるかどうかわからないけど・・・



ちなみに今回の中止の原因の1つの筐体のトラブルですが前日の段階でプレイヤーから筐体不調の報告がイベントの筐体提供側であるラウンドワン側に上がってたそうです。
「明日までには何とかします」と言われたとのことでしたけどたぶん間に合わなかったんでしょうね…。
具体的にはタッチパネルの反応がおかしかったそうです。
まあ中止の決め手は回線の不調の方かなとは思いますが。

セガから筐体をもってくるわけでもなく会場となったゲーセンに普段設置されてる筐体を使うのでこういうトラブルはどうしようもないんでしょうね。
元々すすきのラウンドワンの整備状態は結構いい方だっただけに不調きたしたのは意外ではありましたができる限り万全な状態にはしておいて欲しかったところですね。

牛マンたちの謝罪会見中、結構同情的な意見を言ってる人も多々見ましたがこれらの要因が理由なんだと思います。
実際セガ側より会場提供側のラウワンの落ち度の方が大きいかなと個人的には感じますが北海道で筐体8台揃えてる場所が他にないんですよね…。
00:08  |  ボーダーブレイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT